JG1KTCが日本テレビに出演!
日本テレビ系列で放映されている金曜ロードショー(毎週金曜日午後9時〜)の次回の放映作品を紹介する「The next 金曜ロードショー」にJG1KTCが出演しました.その様子を紹介します.(写真は,自宅シャックにてインタビューに答える様子,テレビ画面より)

 映画を紹介
12月5日,皆さんご覧になりましたか?
アマチュア無線が主役の銘作「オーロラの彼方へ」が早くも地上波NTV系列全国30局ネットの金曜ロードショーに登場しました.
2000年冬から2001年の春にかけて全国にて劇場上映されたアメリカ映画.ストーリーは,ニューヨークにオーロラが見えた夜に,30年前と無線で繋がった.その相手は自分の父親.今なら時代を変えられる・・.その先はこのページの最後で.左は,そのときのポスターです.
劇場でもご覧になったアマチュア無線愛好家の方も多いことと思います.私も,XYLと一緒に劇場へと足を運びました.         
今年は,DVDも発売になっています.残念ながら金曜ロードショーを見損ねたと言う方はぜひDVDで鑑賞ください.                           

NTVからの突然の連絡!
11月の初め,NTVから突然の出演依頼.以前,某テレビ局から,「無線用語で会話している家族」など変わった家族を紹介する番組企画の話があったが,またその部類かななどと勝手に思い込んでおりましたが,お話を聞いてみるとなんとシアターへ足を運んで感動した「オーロラの彼方へ」に関連してとのこと.これはきっとまじめな番組ではないか,アマチュア無線に多少なりともプラスになるのではと直感しました.
金曜ロードショーで放映する「オーロラの彼方へ」を紹介をするテレビ番組,簡単にアマチュア無線などについて解説してほしいとのことだった.
お引き受けする前に,「なぜ私などにお話を」と,お尋ねすると「ホームページを見て」とのこと.JARL事務局にもアマチュア無線についしてお伺いしたとのことでした.多くの先輩諸氏,全国に熱血愛好者が大勢いらっしゃるのに,ほんとうに私でよいのかと一旦は固辞しました.是非ともとのお話に,僭越ながら出演させていただくこととさせていただきました.
ご担当のディレクターは素敵な清野さん,撮影日は11月某日と決まり,わくわくどきどきでした.
11月某日,生憎の曇り空,屋外でのアマチュア無線の運用の様子を撮影,東京大田区の埋立地「城南島」にてアンテナ設営,今回は設営・撤収が簡単なラディックス社のアンテナを設営しました.車内から7MHzにQRV. (写真は,アンテナ設営中の様子.NTVテレビ画像より)
その後自宅へ戻り,設置してあるアンテナ,QSLカードやコンテスト入賞の楯,賞状などを撮影.そして,インタビューとなりました.
写真をクリックしてください.拡大します.↓

清野さんとカメラマン,コンテストの賞状を撮影しています.(写真左) インタビュー取材の様子,ビデオカメラのモニターに写っていますね.緊張度200パーセント,このときは笑顔なのですが・・・.(写真右)
インタビューはと言うと,こんなに答えたのですが・・・
1、映画全体の感想は.
2、アマチュア無線を使った映画としはどうか?
3、オーロラは無線に影響するのか?関係あるのか?
4、映画の中の無線に関して、気になる点、着目点など. 
5、アマチュア無線を始めたきっかけは.
6、アマチュア無線の魅力. 
7、これまで無線の交信での面白いエピソード、不思議な話など.
などでした.
撮影時間は,アンテナ設営,運用,撤収,自宅への移動,自宅での楯や賞状,QSLカードの撮影,そしてインタビューで3時間超を要しました.番組構成の関係で,一部分のみ3分程度に凝縮して放映されました.


「THE NEXT 金曜ロードショー」 2003年12月3日2時30分〜放映(1時58分〜の放映が特別番組のため30分繰り下がりました)全国ネットでしたが,深夜のためご覧いただいた方は少なかったかも?.それでも,職場の某医師から「テレビにて出ましたね」とのコメントが,知らせていなかったのでびっくり,見ている人はいるのだなと実感しました.上の画像はインタビューの様子です.テレビ画面からですのでアップに耐えない画像になってしまいました.御免なさい.
皆さん,アマチュア無線が時代を変える銘作サスペンスムービー「オーロラの彼方へ」をぜひご覧ください.アマチュア無線には限りない魅力もあるのです.ぜひ,アマチュア無線で感動に出会ってください.
最後に,無線のマイクには慣れているのですが,胸につけたピンマイクとカメラのレンズに緊張の連続でした.貴重な機会を与えてくれたNTVの清野さんに感謝します.アマチュア無線を楽しむ人がお一人でも増えることを願ってやみません.

オーロラの彼方へ  解説・見どころ
<スタッフ>
   監   督    グレゴリー・ホブリット
   製   作    ホーク・コッチ
             グレゴリー・ホブリット
             ビル・カラロ
             トビー・エメリッヒ
   製作総指揮   ロバート・シェイ
             リチャード・サパースタイン
   脚   本    トビー・エメリッヒ
   撮影監督    アラー・キヴィロ
   美   術    ポール・イーズ
   衣   装    エリザベッタ・ベラルド
   編   集    デヴィッド・ローゼンブルーム
   音   楽    マイケル・ケイメン


<キャスト>
   フランク・サリヴァン   デニス・クエイド    
   ジョン・サリヴァン     ジム・ガヴィーゼル  
   ジュリア・サリヴァン   エリザベス・ミッチェル
   サッチ           アンドレ・ブラウワー  
   ジャック・シェパード    ショーン・ドイル   
 
NYの空にオーロラが輝いた夜に,時空の裂け目で無線により過去と現在がつながった.
無線で交信できた父と子の絆をみつめた「オーロラの彼方へ」.全米で7週間にわたりトップ10圏内に残るスマッシュ・ヒットを飛ばした作品です.
無限の宇宙が作り上げた神秘的なシチュエーションのなかに,斬新なタイム・トラベルのアイデアと,ヒューマンな感動をたっぷりと織り込んだ至福のSFファンタジーだと絶賛されています.
時空の裂け目を走り抜け,30年のときを隔てた父と子を結び合わせる無線の電波.過去に戻れるものなら殉職した消防士の父を助けたいという息子ジョンの願いを,1日後に死ぬ運命にあった父フランクも元へ運んでいく.ジョンのアドバイスに従って火災現場から無事生還し,未来の息子に命を与えられた喜びを噛み締めるフランク.父と過ごした思い出が,心の中に新しく築かれていく嬉しさにひたるジョン.ふたりは電波を通して絆をふかめあい,タイム・パラドックスから生じた予期せぬ事件にも二人三脚で立ち向かっていく….
勇敢な消防士であり,愛情深い父でもあるフランクには「ワイアット・アープ」「エニイ・ギブン・サンデー」のデニス・クエイド.父譲りの責任感に燃える優秀な刑事の顔と,悲しみの影を宿した孤独な青年の顔を持つ息子ジョンには「シン・レッド・ライン」で一躍脚光を浴びたジム・ガヴィーゼル.全米中の批評家から絶賛をあびた二人は,映画の感動を確かなものにしている.
本作でデビューを飾ったトビー・エメリッヒの脚本を,超一級のエンターテイメントにしあげたのは「真実の行方」「悪魔を憐れむ歌」のグレゴリー・ホブリット監督.またスタッフも「シンプル・プラン」の撮影監督アラー・キヴィロ、「ディープインパクト」を手がけたデヴィッド・ローゼンブルームが編集を担当するなど,一流のスタッフがそろった.
親と子,そして人と人とのつながりは,ときに永遠の輝きを帯びて生き続ける.それを素直に信じさせてくれる感動作です.
                                                             (抜粋)

    リンク(クリック)

        NTVのホームページ から金曜ロードショーへ廻ってください
        ●ホームページトップへ
        ●JG1KTCにメールを送る